芸術や美術的な意味を含むデザイン

ファッションに限らず建築や芸術などさまざまな対象について構成をしていくもので、これらを生業としているしている人をデザイナーと呼んでおります。

デザイン(design)の語源は、デッサンと同じように計画を記号に表すという意味があるラテン語のdesignareだとされております。

狭義の意味では設計をする場合の形態や図案などの発案やレイアウトなどをおこなうことで、実用品などにもこのような美術や芸術が応用されていると言われております。

商業的におこなわれているデザイン意識は、18世紀から19世紀にかけて起こった工場制機械工業の導入変革である産業革命の影響によって高まっていったと言われております。

広義では日本語で設計だと訳されていますが、ファッションや工業製品や印刷物など多岐にわたっており、都市や人生計画などまでにもおよぶようです。

ファッションデザイナーは、デザインの中でも服飾分野を専門とされている人を指します。ファッションショーなどに出展するような方々だけを指すわけではなく、インディーズのデザイナーも企業に専属として働いているアパレルデザイナーなども含めてファッションデザイナーと呼ばれております。

ファッション関係の専門学校などではデザイン科などが設けられており、ファッションデザインについての教育や研究を目的としております。

人体の構造や運動などを視野に入れながらデザインの発想力や造形力を身に付けていくと言われております。その他にも人間工学に基づき機能性を考えたり、感性の高いものを表現していける力を養うようです。

ファッションデザイナーは、実際に裁縫などまでおこなうというよりも、一貫して構成を考えたりデッサンなどをしたりなどする場合が多いと言われております。

また、デザイン画を描いているだけではなく、洋服が完成した後の商品の売り上げなどの責任などを背負っている方も多いと言われております。