人の体の構造や骨格などを知っておく

デザイナーになるためにはまずデザインの基本を学ぶことが大切です。たとえば服のデザインを考えるとき、まずは何をするべきなのかから勉強します。

人の体の構造や骨格などを知っておくとどのように作ればよりよく服を見せることができるのかがわかります。

デザインを描くときにはじめは人のヌードのイラストを書いてからその上に服を着させていくのですが、このとき大切なのは服と体の間にできる空間を計算しておくことです。ぴったりとくっつくような服ばかりではないので、どのような生地を使うのか、ということも考えなければいけないのです。

基本的なことはカラーの合わせ方をよく学んでおくということです。特に服のデザイナーには必要です。

服飾の学校などに通うようになれば基本から理解することができます。服飾は人の体を理解しておくことが大切ですから、人体の勉強をします。発想力とセンスが必要になってきます。

デザインの勉強から服に使う生地の特性などを理解することがとても大切です。色の組み合わせ方が上手い人は服を着るときにとても便利です。それと同じように作るときには色の合わせ方も勉強して色のことも知っておくといいということです。

デザインを作るのは紙の上で簡単にできるものですが、実際に作るとなると色々な知識が必要になってきます。

デザイナーになりたいというときには、まずは服のことに興味を持つことが一番だということです。色々な服と生地にふれてみることで知識が増えていくのです。

また、服を着る人のことを知っておくというのも大事だそうです。オーダーのものを作るときにはその着る側の状況を知っておく、好みを知っておくことでもっといい服を作ることができるのです。基本は人の体を知る、その上に重ねる服の形を考えて色を塗る、というイメージになります。

服飾は人に着てもらうためのものを作るのが当たり前です。基本的なことをしっかりと覚えておくことで、デザインの幅も広がるようになるということです。