どういったところで学べば良いのでしょうか?

デザインと一口に言っても、その分野は多岐に渡ります。建築や工業用品、衣服やインテリアなどの造形を考え作り出すもの、イラストや模様といった図案を考案するもの、部屋などの空間に家具や設置物の配置を考えるもの等様々です。

さて、こうしたデザインを仕事にする場合、どういったところで学べば良いのでしょうか。もちろんこれも道は様々で、たとえばデザイナーとして一線で活躍している人のもとで一から目で見て体感して学ぶという方法があります。

しかし、これであっても全くの素人がいきなりデザイナーのもとで働くことは現実問題としてほぼあり得ません。
必ず事前に基礎的な知識や手法を学び、それを身に着けていることが働く上での必須条件なのです。

こうした基礎的知識や手法、さらに実践力の向上を図るための学校が、デザイン専門学校です。専門学校のカリキュラムは、プロのクリエイターとして実践的な技術を持った人材作りを第一に考え、スキルだけでなく創造性を向上する教育を行っています。

またデザイナーになるために必要な資格の取得を目指しています。たとえば、グラフィックデザイナーやCGデザイナーを目指す人には、ポスターやパンフレット制作に欠かせないIllustrator(R)クリエイター能力認定試験やPhotoshop(R)クリエイター能力認定試験に合格すると、就職の際有利になります。

他に、インテリアデザイナーを目指すなら、インテリアプランナーやインテリア設計士の資格が道を大きく開いてくれるでしょう。

このように、専門学校の在籍中に知識の幅を広げることで、さらに夢に近づくことが可能となっているのです。
デザイン専門学校は、グラフィックデザインやインテリアデザインの他、イラストレーションやマンガなど様々な学科が設置されています。

学科によって2年から3年と在籍年数に違いがあり、また卒業後さらに専門的な知識をつけるために研究科が設置されているところもあります。

合宿免許の実態