技術を持った人ほど給与面で恵まれる

デザインの職業・仕事などは多種多様にあります。今回はWEBデザイナーについて記したいと思います。

WEBデザイナーの多くは企業に向けたホームページ作成、パンフレット・リーフレット・フライヤーなどの各企業などの販促品のデザイン、SEO対策(検索エンジン最適化)などを中心としています。

給与面ではまちまちですが、より多くの技術を持った人ほど給与面で恵まれる傾向となります。また将来的に企業などで実績を積んでスキルアップしたのち、個人で独立しデザイン事務所を立ち上げるというケースもよくあるようです。

技術的な面ではデザインにおける基礎知識、またホームページ作成におけるHTML/CSSなどの習得及びドリームウィーバーの使用法や、ロゴなどのデザインで使用するイラストレーター、フォトショップ、動画作成におけるフラッシュなど。それらは基本的な技術ともいえWEBデザインでは必須項目です。

また場合によってはプログラミングの技術も必要になってくるのでC言語やPHP、JavaScriptなども習得しておくとのちのち役に立つことでしょう。

これらを学びたい場合はスクールなどに通学し学ぶというケースがあります。最近のスクールは給付金付きであることも多いので金銭面での負担を抑えることもできます。

またWEBデザインにおける資格、例えばDTPオペレータの資格や、カラーコーディメーターなどの資格取得と紐づいてるスクールも多いので必要に応じて選択するとよいでしょう。

他に学ぶとすれば求職者における職業訓練校などもあり、そちらでデザインのノウハウを学べるので就職に役立ちます。

ハードルは若干高くなりますが、独学で学ぶこともできます。独学で学ぶ場合はとりあえずは何か作品を作ってみるというのをオススメします。

特に最近でネットなどで無料の動画や、作業における手順方などを挙げているブログやホームページも多いのでそれらを参考に制作するとよいでしょう。